ANGKOR WAT TRIATHLON ORGANIZING COMMITTEE

ANGKOR WAT TRIATHLON ORGANIZING COMMITTEE

トライアスロンの誕生

トライアスロンとは トライアスロンとは、水泳・自転車・ランニングの3種目を連続して行う競技です。

ラテン語の「3」を意味する「トライ」と、「競技」を意味する「アスロン」を組み合わせて、「トライアスロン」と呼ばれています。

トライアスロンは、1974年カリフォルニア州サンディエゴで生まれました。地元の陸上クラブが、水泳・自転車・ランニングの3種目を連続して行うスポーツを考案し、それが競技として広がったのがキッカケです。

1978年に、ハワイで、ワイキキラフウォータースイム(3.86km)、アラウンドオアフバイクレース(180km)、ホノルルマラソン(42.195km)と同じ距離(ウルトラディスタンス)を競う、「アイアンマンレース」(鉄人レース)が開催されたのを皮切りに、一気に知名度を上げました。

1982年には、水泳1.5km・自転車40km・ランニング10kmの距離(オリンピックディスタンス)を競うレースが、正式な競技ルールとして定められ、2000年のシドニーオリンピックから、オリンピック正式競技となりました。

日本でのトライアスロンの普及

日本では、1981年、鳥取県皆生温泉で初めてウルトラディスタンスのトライアスロン大会が開催され、また1985年には熊本県天草で初めてオリンピックディスタンスのトライアスロン大会が開催されました。

1994年には、(社)日本トライアスロン連合(JTU)が設立され、トライアスロン競技の制度化と共に、国内での普及が加速化しました。

現在では、日本国内で年間200レース程度のトライアスロン大会が行われており、2009年の新潟国体では、公開競技になるなど、国内で盛んなスポーツの一つに位置付けられます。

トライアスロン競技の楽しみ方

トライアスロンの競技距離は、ウルトラディスタンスとオリンピックディスタンスだけでなく、大会ごとに様々な距離が設定されているのが特徴です。

そのため、自分の力に合わせて、無理のない距離をマイペースで行うことが出来ることから、「生涯スポーツ」として、幅広い年齢層の方に愛されています。

現在では、大学や地域に多くのトライアスロンクラブが誕生しており、身近に始められるスポーツとして定着しつつあります。

詳しくは
リンク(社)日本トライアスロン連合



pdf  PDFファイルをご覧いただくには、
 Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の Adobe Acrobat(R) Readerが必要です。